注目すべき事

注文住宅に求められるもの

戦後しばらくは居住スペースが大量に不足していたのでデザインよりも快適性よりも何より住む空間を作るということに最大の目的を置かれて住宅が建築されてきました。その後住宅不足が解消されるにつれて人々はより快適な空間を手に入れようと注文住宅という建築方法に注目が集まりました。近年はライフスタイルも家の持つ意味、住み方など人によって考え方が大きく異なりその中で注文住宅へ求めるものも様々に変化したのです。 近年では注文住宅、分譲住宅とひとくくりにするのが難しいほど様々な特徴を持つようになりました。その中で注文住宅と分譲住宅の境目もより薄れてきているといえます。注文住宅といってもメーカー系のようにある程度制約がある場合もあれば分譲住宅でもまだ建築前の状態で販売され軽微な変更や設置する設備のメーカーが選択できるケースも多いのです。

設計計画の重要性とは

注文住宅に限ったことではないですが住宅を購入する際にはなぜその住宅なのかを明確にする必要があります。そのためにもまずは自分たちがどのような家に住みたいのかをはっきりさせる必要があります。住宅建築を計画してから実際に住宅が完成するまで平均で1年の年月がかかります。中には設計だけで1年以上計画を練る人もいるのです。 実際に住宅を設計する段階では後悔のないように設計しなければなりません。設備のグレードも費用とバランスをとる必要がありますが妥協をするべきではないのです。メーカーを変える、中古を探してくるなど自分たちで調べたり動くことで節約できる部分もあります。 とはいえどれだけ計画段階で後悔のない満足のいく住宅を建築しても多くの人は実際に住んでみて改善点があると感じます。そういった公開を少しでも減らすために計画段階では何一つ後悔のない間取りにしておく必要があるのです。